オーダー枕、羽毛布団、敷き布団ならお任せ! 三浦海岸の寝具専門店【スリープハウスおおたに】

寝具専門店の高品質羽毛布団

寝具専門店の羽毛布団はこだわりが違います。

羽毛布団の良し悪しを決めるのは、羽毛の種類や産地、側地の素材、キルティングの種類などで、製品化されるまでの徹底した品質管理が重要になってきます。スリープハウスおおたにの羽毛布団は、各寝具メーカーの厳しい審査をパスしたものだけを取り扱っています。

羽毛布団イメージ

産地にこだわった高品質羽毛(ダウン)がオススメ

羽毛は、大きければ大きいほど空気を含んで保温性、耐久性、かさ高性に優れています。また、きれいに洗浄された清潔な羽毛ほどニオイが少なく、ふっくら感も増します。
スリープハウスおおたには、下記のような幅広いグレードの羽毛布団を取り揃えております。

羽毛について

肌触りと風合いの良い側地がオススメ

羽毛は、針の先であけたぐらいの小さな穴からも吹き出してしまいます。なので羽毛布団の側地には、極細の糸で高密度に織られた生地が用いられます。使われる糸が細いほど、しなやかなで肌触りが良く、保温性に優れます。
また、スリープハウスおおたにの羽毛布団には、抗菌防臭、防ダニ加工などの衛生加工を側地にほどこしていますので安心してお使いいただけます。

側地について

羽毛の片寄らないキルトがオススメ

ふっくらとボリュームのある羽毛布団も使っているうちに中の羽毛が偏ってしまっては、せっかくの保温性も台無しです。
ほとんどの羽毛布団は、羽毛の片寄りを防止するキルトを使用しているので、いつでも均一の保温性が得られます。

キルトについて
line

当店の羽毛布団ラインナップ【ほんの一例をご紹介】

スリープハウスおおたにでは、多数の羽毛布団を取り揃えております。

安心の日本製!

超お買い得品です!

 

ホワイトダウン

羽毛掛け布団

【メーカー】昭和西川

【ダウン】85% 1.1kg

【側地】ポリエステル85% 綿15%

【キルト】立体キルト

【サイズ】150×210cm

【メーカー価格】-円+税

【特別価格】19,800円+税

安心の日本製!
西川の羽毛掛けふとん!

フランス産

シルバーダウン

羽毛掛け布団

【メーカー】西川産業

【ダウン】93% 1.2kg

【側地】ポリエステル65% レーヨン35%

【キルト】立体キルト

【サイズ】150×210cm

【メーカー価格】60,000円+税

【特別価格】39,800円+税

安心の日本製!
ホワイトグースダウン90%使用!

ポーランド産

ホワイトグースダウン

羽毛掛け布団

【メーカー】西川産業

【ダウン】90% 1.2kg

【側地】リヨセル70% ポリエステル30%

【キルト】羽毛の片寄らない完全立体キルト

【サイズ】150×210cm

【メーカー価格】90,000円+税

【特別価格】59,800円+税

安心の日本製!
世界最高水準のホワイトグースダウン
ホワイト・コウダⓇ使用

ポーランド産

ホワイトグースダウン

高級羽毛掛け布団

【メーカー】西川産業

【ダウン】93% 1.2kg

【側地】リヨセル55% 綿45%

【キルト】羽毛の片寄らない完全立体キルト

【サイズ】150×210cm

【メーカー価格】150,000円+税

【特別価格】100,000円+税

安心の日本製!
世界最高水準のホワイトマザーグースダウン ホワイト・コウダⓇ使用

ポーランド産

ホワイトマザーグースダウン

高級羽毛掛け布団

【メーカー】西川産業

【ダウン】93% 1.3kg

【側地】リヨセル55% 綿45%

【キルト】羽毛の片寄らない完全立体キルト

【サイズ】150×210cm

【メーカー価格】250,000円+税

【特別価格】160,000円+税

安心の日本製!
世界最高水準のホワイトマザーグースダウン ホワイト・コウダⓇ使用

ポーランド産

マザーグースダウン

最高級羽毛掛け布団

【メーカー】西川産業

【ダウン】95% 1.3kg

【側地】リヨセル55% 綿45%

【キルト】羽毛の片寄らない完全立体キルト

【サイズ】150×210cm

【メーカー価格】350,000円+税

【特別価格】230,000円+税


*ご予算に応じて、シングルサイズからクイーンサイズまで豊富にご用意しております。
 お気軽にお問い合わせください。

line

羽毛布団のメンテナンスについて

羽毛布団も長く使用されていると羽毛布団としての機能が落ちていきます。ふっくら衛生的な品質を維持し、安心して長くお使いいただくためにも大切にお使いください。

*スリープハウスおおたにでは定期的なクリーニングをおすすめしています。

布団のクリーニング
羽毛布団のリフォーム

*簡単なメンテナンスをすることで長持ちすることが可能です。

干し方について

羽毛布団は頻繁に干す必要はありませんが、月に1〜2回、1〜2時間程度カバーや布で覆って干してください。干すことで、湿気を取り、保湿性、かさ高、弾力性を高め、殺菌効果があります。
また、布団を取り込む際にたたくことは中のダウンが損傷するので厳禁です。

カバーについて

羽毛布団には、上質でやわらかいカバーをお使いください。カバーはこまめに洗濯していただくことをおすすめします。

収納方法について

湿気の少ない場所で、敷き布団を下に置き、その上に羽毛布団を置いて収納してください。
また、しばらく使わないときは、一度日に干してから、カバーやシーツを外して保管してください。

line